ハイキュー!! 繋げ!頂の景色!! 攻略ランド

ニンテンドー3DS用ハイキュー!! 繋げ!頂の景色!!の完全攻略サイトです。
試合パートの攻略、基本知識。

スポンサーリンク

【バレーボールパートの攻略、基本知識】


基本知識
【試合開始前】
試合開始前にはスキルセット→スタメン設定を決めます。
これらは好みで選んで問題ありません。
そしてコイントスで、カラスの面が出たほうが先行となります。

【スタメン設定】
試合開始前に先発させるスタメンを変更できます。
スタメンはサーブ権を獲得するごとに、時計回りに動きます。

【セットポイントについて】
アドベンチャーパートでLボタンを押すと、オプションに移動できます。
通常セットポイントは11点ですが、6点か25点に変えることもできます。
サクサクプレイしたい場合は、6点にすることをオススメします。

また、一度に獲得できる得点を1点・2点・3点に切り替え可能です。
2点か3点にすると、相手の威力値を大きく上回ったときに一度に獲得できる得点が増加します。
こちらもサクサクプレイしたい場合は、3点にすると良いでしょう。

【デュースについて】
オプションでは、デュースのあり/なしも選べます。
デュースとは、セットポイントのひとつ前の得点が同点になった場合、(セットポイントが11点なら、10点VS10点)、その後2ポイントを連取した方がセットを獲得するというルールです。
10点VS10点の場合、12点VS10点になることで勝利となります。
11点きっかりで試合を終わらせたいなら「なし」を選ぶのが良いでしょう。

【メンバーステータスについて】
スパイク&ブロック&レシーブ&トス&サーブの能力があります。
数値が高い程、試合で戦力として活躍してくれます。
また、スタミナも存在します。
スタミナはバーと数値で表示されています。
試合中にスタミナが減ると、ゲージも減っていきます。

【信頼度】
アドベンチャーパートの会話や、一緒にトレーニングすると信頼度がアップします。
信頼度が高いと、トスとスパイク、ブロックとレシーブでコンビボーナスが発生し、威力合計値が高くなります。
仲間との信頼度を上げて、バトルを有利に進めましょう。

【原作再現イベントについて】
試合中などに発生条件を満たすことで、原作再現イベントが発生することがあります。
原作再現イベントは2種類あります。
@キャラ同士の会話や掛け合いが発生し、セット終了後に名前が表示される。
A会話などは表示されず、得点シーンや失敗シーンにちょっとした演出が追加され、セット終了後に名前が表示されない。

Aのほうは1試合で1回しか発生できません。
また、Aを見てもストーリー進歩率や、イラスト収集率に影響はないので無視してもかまわない。
Aのほうは攻略チャートにも出来るだけ掲載しており、「(1回のみ発生)」と注意書きを書いてます。
面倒なら「(1回のみ発生)」と書かれた原作再現イベントは無視してください。
詳しくは各キャラの攻略チャートをご覧ください。

なお、原作再現イベントの達成は全キャラ共通です。
例えば、日向の第2章で「影山居るぞ!」を達成すると、影山の第2章でも「影山居るぞ!」が達成扱いになります。
日向の第3章で「やってしまった」を達成すると、影山の第3章でも「やってしまった」が達成扱いになります。
日向の第4章で「"エース"と"囮"」を達成すると、東峰の第2章でも「"エース"と"囮"」が達成扱いになります。

なので、日向で必ず達成する必要はなく、別のキャラのほうで達成してもいいわけです。
キャラによってやりやすさが違います。
「"エース"と"囮"」の場合、東峰の第2章では敵チームに日向がいて、その日向がスキル「躱す」を使わないと発生しません。
しかし、日向の第4章では日向を操作できて、日向のスキル「躱す」を自分で使うだけで発生できます。

なお、原作再現イベントはキャラによって異なります。
達成が共通なのはイベント名が同じものだけで、イベント名が違うものは別々にクリアしないといけません。
例:日向の第1章の「まだ、負けてないよ?」と、影山の第1章の「まだ、負けてないから」は別のイベント扱い。

【スキル】
ゲーム中に獲得したスキルはキャラクター1人につき、3つまで試合に持ち込めます。
詳しくはスキルページにまとめてあります。

【アビリティの発動】
試合中、アビリティが発動することがあります。
詳しくはアビリティにまとめてあります。

【テンション】
スキルを発動すると、テンションゲージを消費します。
スキルにより、必要なテンションゲージ(1〜4まで)が違います。
得点を取った際、取られた際にテンションゲージが増えていきます。
テンションゲージは全キャラ共通です。
強力なスキルを使いたい場合は、スキルを温存してテンションを溜めるのが良いでしょう。

【スタミナ】
攻撃・防御時の各種行動でスタミナを消費します。
どれくらい消費するかは、行動によって変化します。
スタミナが減ると、各行動での威力値が減少してしまいます。
スタミナはトレーニングで鍛えられるので、先にある程度スタミナを強化していけば攻略が楽になります。

【スタミナ回復方法】
得点を獲得時やセット終了時に、両方のチーム全員のスタミナが回復します。
得点獲得時に行動しなかったキャラは、ややスタミナ回復量が増えます。

【サーブの種類】
  • サーブは打ち方によって、効果や消費スタミナ、成功率が違います。
    選んだサーブの種類や、キャラクターの得意・不得意によって成功率や威力が変わります。

    @フローター:相手のレシーブ値を下げる。スタミナ消費は10
    Aオーバー:平均的な威力とスタミナ消費。スタミナ消費は10
    Bアンダー:成功率は高いが、取られやすい。スタミナ消費は5
    Cサイド:平均的な威力とスタミナ消費。スタミナ消費は15
    Dジャンプ:威力は高いが、成功率が低い。スタミナ消費は15
    Eジャンプフローター:相手のレシーブ値を下げる。成功率が低い。スタミナ消費は15

    【その他スタミナ消費行動】
    ・サーブレシーブ:スタミナ消費は10
    ・オフェンスのトス:スタミナ消費は5
    ・オフェンスのスパイク(前衛):スタミナ消費は15
    ・オフェンスのスパイク(後衛):スタミナ消費は20
    ・オフェンスの囮:スタミナ消費は15
    ・ディフェンスのブロック:スタミナ消費は10
    ・ディフェンスのレシーブ:スタミナ消費は10
    ・ブロックフォロー:スタミナ消費は15
  • 基本攻略情報
    【サーブ】
    コイントスで、カラスの面が出たほうからサーブを行います。
    得点が入ったときもサーブを行います。

    後衛右にいる選手がサーブを行います。
    サーブは6種類あり、それぞれ効果が異なります。
    パワーが高いと威力が上がり、ヒットが高いと命中率が上がります。
    レシーブUP・DOWNがあると、相手のレシーブ値を減少させる効果があります。
    サーブにはキャラごとに得意・不得意があります。

    @フローター:相手のレシーブ値を下げる。スタミナ消費は10
    Aオーバー:平均的な威力とスタミナ消費。スタミナ消費は10
    Bアンダー:成功率は高いが、取られやすい。スタミナ消費は5
    Cサイド:平均的な威力とスタミナ消費。スタミナ消費は15
    Dジャンプ:威力は高いが、成功率が低い。スタミナ消費は15
    Eジャンプフローター:相手のレシーブ値を下げる。成功率が低い。スタミナ消費は15

    【サーブで相手を狙う】
    サーブする種類が決まったら、狙う相手を選びます。
    相手チームの後衛3人から選べます。
    相手はチームはサーブをレシーブで受け止めることになります。
    レシーブスキルを持ったキャラや、レシーブ値が高いキャラがレシーブを行うことが多いので、それ以外のキャラを狙うのがオススメです。

    ・サーブで狙った相手がレシーブすると、相手のレシーブ値が上昇します。
    ・サーブで狙った相手のとなりのキャラがレシーブすると、相手のレシーブ値が減少します。
    ・サーブで狙った相手から2人分離れたキャラがレシーブすると、そのキャラではなく狙った相手にサーブできます。

    【サーブレシーブ】
    相手チームからサーブされた方は、後衛の3人からレシーブする選手を選びます。
    サーブとレシーブで、数値が高いほうが勝ちます。
    サーブレシーブはスタミナを10消費します。
    サーブが勝つと得点となり、レシーブが勝つとラリーが続きます。
    アビリティや連携で数値が変化するので、サーブ&レシーブ時の数値とは若干変化します。

    【オフェンス】
    サーブレシーブや、ディフェンス、ブロックフォローに成功したチームはオフェンスを行います。

    まずトスを上げる選手を1人選択します。
    トスはスタミナを5消費します。
    トス値の高い選手を選ぶと、威力がアップします。
    なお、直前に行動した選手やスパイクに選んだ選手は、選ぶことができません。

    次にスパイクする選手を選びます。
    スパイクは前衛が15、後衛はスタミナを20消費します。
    スパイク値&トス値の合計が威力となります。

    ちなみにスパイク時には囮を選ぶこともできます。
    囮は2人まで選ぶことができます。
    囮の前にブロックがいて、かつスパイクを打つ選手キャラの前にメインブロッカーがいないと、威力攻撃がアップします。
    囮はスタミナを10消費するので、多様は禁物です。
    囮がいなくても勝てそうな場合は、囮を使わないのも手です。

    【ディフェンス】
    相手のオフェンスを防御するのがディフェンスです。

    前衛3人の中からブロックするキャラを3人まで選べます。
    ブロックはスタミナを10消費します。
    1人目に選んだキャラがメインブロッカーです。
    スパイクを打つ選手の正面にメインブロッカーがいると、デフェンス側の威力がアップします。
    誰がスパイクを打つか予想し、メインブロッカーを選ぶのが攻略のコツです。

    次に後衛の中からレシーブする選手を選びます。
    レシーブはスタミナを10消費します。
    レシーブ値&ブロック値&位置による補正効果の合計が威力となります。
    アビリティや連携で数値が変化するので、実際の数値とは若干変化します。

    【ブロックフォロー】
    オフェンスのときに、相手ブロッカーによってスパイクがシャットアウトされると、シャットアウトされたボールをレシーブするブロックフォローというイベントが起こります。
    直前のオフェンス時に、トスやスパイクをしなかった選手からブロックフォロー(レシーブ)する選手を選べます。
    ブロックフォローはスタミナを15消費します。
    ブロックフォローはレシーブ値が高いキャラのほうが成功率が上がります。
    ブロックフォローに失敗すると失点し、逆に成功したチームは得点します。

    【選手交代】
    ゲームが進むと選手交代できるようになります。
    スタミナが少なくなってきた選手は、控えの選手と交代すると良いでしょう。
    控えに入った選手はスタミナを回復しやすくなります。

    試合で勝つために
    【トレーニング】
    どうしても勝てなければ、一度クリアした章をプレイしてトレーニングで鍛えましょう。
    トレーニングで鍛えたキャラは全部の章で共通なので、キャラを強化していけば攻略がドンドン楽になります。

    【サーブ特化】
    サーブが得意な選手を作ってその選手にサーブを任せれば、サーブでかなりの点数を稼げます。
    サーブ特化の選手は前衛右か、後衛右に配置すると良い。
    ※後衛右に配置すると、コイントスが表にならないとサーブできません。

    あるいは両方に配置するのも良い。
    例:後衛右影山、前衛右山口。
    または、サーブが得意な山口を控えに入れておいて、サーブ直前に前衛右の選手と交代させるのが良い。

    山口忠はサーブが得意なので、彼に百本サーブの練習をさせるのがオススメ。
    サーブはスタミナを10消費するので、サーブを鍛えつつ、ロードワークでスタミナも少しだけ強化してあげよう。
    また、影山もサーブが得意。
    山口と影山のサーブでほぼ完勝できます。
    オススメは成功率の高いアンダーだが、相手のレシーブ値によって使い分けよう。

    スポンサーリンク

    トップページに戻る